デロイト、マサチューセッツ工科大学、ニューヨーク大学、ASUと共同でサステナビリティ・アップスキリング・プログラムを開始

デロイト、マサチューセッツ工科大学、ニューヨーク大学、ASUと共同でサステナビリティ・アップスキリング・プログラムを開始

12月4日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるデロイトは、MITスローン経営大学院、ニューヨーク大学スターン・エグゼクティブ・エデュケーション、サステナブル・ビジネス・センター、アリゾナ州立大学(ASU)を含む一連の学術機関との提携を発表し、米国内の15万人以上のプロフェッショナルを対象に、持続可能性、気候変動、公平性に関するスキルアップ・プログラムを拡大することを明らかにした。

デロイトによると、新しいプログラムは、コンサルティング、リスク&ファイナンシャル・アドバイザリー、税務、監査&保証の各事業で提供され、プロフェッショナルの能力とスキルを向上させ、クライアントの持続可能性、気候、衡平性の問題解決を支援することを目的としている。

デロイトは昨年、全世界の従業員41万5,000人のスキルと能力を向上させ、気候変動とサステナビリティの問題に関する専門家の熟練度を高めることを目的としたグローバル・サステナビリティ&クライメート・ラーニング・プログラムを開始した。また、クライアントをサポートし、サステナビリティ関連のニーズに対応するための能力、資産、サービスを強化するため、2021年にグローバル・サステナビリティ&クライメート・プラクティスに10億ドル(約1,470億円)を投資することを発表した。

拡大されたスキルアップ・プログラムを通じて提供される学習内容には、気候危機の背後にある科学と公平性に関するトピックを検証するNYUスターン・エグゼクティブ・エデュケーションと持続可能なビジネスのためのセンターによるライブ・バーチャル・スピーカー・シリーズ「Sustainability Simplified」、持続可能性に関連する重要な概念に関する共通言語と知識をビジネスリーダーに習得させることを目的としたMITスローン経営大学院によるライブ・バーチャル・プログラム「Sustainability Accelerator」、ASUの「Sustainability Certified」などがある。

また、ASUの “Sustainability Certified: Foundations for Business “は、自習可能なモジュール式コースを修了した参加者にESG認定証を授与するものである。

【参照ページ】
Deloitte Expands Sustainability, Climate and Equity Upskilling for its Leaders and Professionals

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る