Goodyear、メタン熱分解で製造されたカーボンブラックを使用した業界初のタイヤを発表

Goodyear、メタン熱分解で製造されたカーボンブラックを使用した業界初のタイヤを発表

5月10日、Goodyearは、EV向けにチューニングされた超高性能オールシーズンタイヤElectricDrive™ GTの新しいトレッドフォーミュレーションを発表した。

オールシーズンのトラクションを強化する専用トレッドコンパウンドには、メタンの熱分解によって製造されるMonolith carbon blackが配合される。これにより、MonolithとGoodyearは、タイヤ製造におけるカーボンブラックのゼロエミッション化に向けた次のステップを踏み出すことになる。

本タイヤは、Monolithが製造するこのタイプのカーボンブラックを使用した業界初の販売用タイヤとなる。

カーボンブラックは、タイヤのコンパウンドに強度を与え、耐引裂性、耐摩耗性を向上させる、タイヤの重要な成分です。従来のカーボンブラックは、化石燃料の油の燃焼に由来するものが一般的であったが、Monolithのプラズマベースのプロセスは、再生可能な電力を利用してメタンの熱分解を完了し、燃焼を必要とせず、炭素と水素のみを出力することができる。メタンの熱分解は、メタン分子を炭素と水素の構成要素に分解することができる。

Goodyear ElectricDrive GTは、EVドライバーと同乗者に長持ちするトレッド摩耗と静かな乗り心地を提供する。ElectricDrive GTは、GoodyearのSoundComfort Technologyを搭載しており、ロードノイズを低減する内蔵のサウンドバリアとして機能する。ElectricDrive GT 235/40R19はGoodyear.comで購入でき、Tesla Model 3などの車両に理想的に適合する。

Goodyearは今後数年間、メタン熱分解で製造されたMonolith carbon blackの使用を、他の製品ラインでも拡大することを検討する予定である。また、Goodyearは、廃棄物由来のメタンから生産されるカーボンブラックの使用など、新技術の可能性についてMonolithと調査を続ける予定である。

Goodyearは2021年12月、クリーン水素と材料製造の世界的リーダーであるMonolithと、メタンおよび/またはバイオメタンから製造されるカーボンブラックの開発およびタイヤへの使用の可能性に関する共同研究契約を締結した。

Goodyearは、持続可能な材料を、バイオベース/再生可能な材料、リサイクル材料、またはマスバランス材料を含む資源保護や排出削減のための他の持続可能な慣行を使用して生産される可能性のあるもの、またはそれに寄与するものと定義している。

【参照ページ】
(原文)GOODYEAR ANNOUNCES INDUSTRY’S FIRST TIRE TO USE CARBON BLACK PRODUCED VIA METHANE PYROLYSIS
(日本語訳)Goodyear、メタン熱分解で製造されたカーボンブラックを使用した業界初のタイヤを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る