FTSE Russell、FTSE100指数のESG版を販売開始

 

5月15日、FTSE Russellは、FTSE UK ESGリスク調整指数シリーズを発表し、LSE上場企業の時価総額上位100社を対象とするFTSE100指数、FTSE250指数、FTSE350指数、FTSEオールシェア指数などの主要な指数にESG調整版を展開することを明らかにした。

FTSE Russellは、新指数を発表する声明の中で、今回の発売は「主要なESGへの配慮を旗艦である英国シリーズに組み込むための出発点」となり、リスクとリターン、トラッキングエラーなどの指数特性のバランスをとりながら、投資家に幅広いESGの改善へのエクスポージャーを提供すると述べている。

本シリーズは、FTSE Russell Target Exposureの手法を用いてESGパフォーマンスを測定し、物議を醸す武器、一般炭生産、一般炭によるエネルギー発電、北極圏石油・ガス探査、オイルサンドおよびシェールエネルギー抽出・生産、タバコ生産・小売、物議を醸す行為に関与する企業を除外する。

新インデックスの主な特徴として、化石燃料の埋蔵量を50%削減すること、炭素排出強度を50%削減すること、ESGスコアの改善目標をベンチマークであるFTSEのESGスコアを総合的に5%上回ることとした。FTSE Russellは、英国企業は一般的に比較的高いESGスコアを達成していると指摘している。

【参照ページ】
(原文)FTSE Russell launches the FTSE UK ESG Risk-Adjusted Index Series
(日本語訳)FTSE Russell、FTSE100指数のESG版を販売開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る