カリフォルニア州、ゼロエミッション車への移行促進に約5,000億円を投資

カリフォルニア州、ゼロエミッション車への移行促進に約5,000億円を投資

11月18日、カリフォルニア州は、州内のゼロエミッション車(ZEV)への移行を促進し、EVをより身近で安価なものにすることを目的とした36 億ドル(約5,000億円)の投資を発表した。

新しい資金には、カリフォルニア州大気資源局(CARB)が承認した26億ドルの投資計画(資金の70%は恵まれない低所得者層向け)が含まれており、スクールバス・輸送バス・運搬車などのゼロエミッショントラックやバス、オフロード機器に20億ドル(約2,700億円)以上、車両購入インセンティブに3億2600万ドル(約450億円)、クリーンモビリティ投資に5500万ドル(76億円)など、さまざまなZEVプロジェクトに充当されている。

また、CARB の投資は、低所得者層の EV購入を支援するもので、EV購入時に古い車を廃車にする場合は最大 19,500 ドル(約270万円)、古い車がない場合は 15,000 ドル(約208万円)のインセンティブを提供する。現行の 3,000 ドル(約71万円)からの大幅な引き上げとなる。

さらに、カリフォルニア州公益事業委員会(CPC)は、10億ドル(約1,300億円)の交通電化プログラムを採択した。2030年までの公益事業者の交通電化努力のための資金構造を提供し、低所得者や部族、十分にサービスを受けていない公益顧客向けの充電インフラへの投資を優先させる。

本発表は、カリフォルニア州がよりクリーンな輸送手段への移行を進める動きの中で最新のもの。今年承認された、2035年までに州内で販売するすべての新車、ピックアップトラック、SUVをゼロエミッション車にするという規則もその一つである。

【関連記事】カリフォルニア州、2035年までにガスエンジン車販売終了

【参照ページ】
California Makes Largest Investment to Date to Expand Clean Transportation in Underserved Communities

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る