Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

11月22日、Enel North Americaは、規制緩和市場において商業・産業(C&I)企業向けに再生可能エネルギーを提供する米国小売エネルギー事業の開始を発表した。

本事業は今年度中にテキサス州で開始され、2023年にはオハイオ州、イリノイ州、ペンシルバニア州など他の米国市場にも拡大する予定だ。

Enelの小売エネルギーサービスの開始は、電動モビリティ構想「Enel X Way」、系統近代化子会社「Gridspertise」に続く、今年4番目の事業拡大となる。

同社の事業拡大計画は、インフレ抑制法の下で「チャンスをつかんだ」結果であり、他の規制の変化と並んで、クリーンエネルギーと国内エネルギー生産を促進するものであると述べている。

Enelはまた、北米市場に50億ドル(6,900億円)近くを投資する計画を発表した。2025年までに電力事業規模の再生可能エネルギーと蓄電池を新たに5GW開発し、2025年までに155MWの分散型エネルギー貯蔵、37MWの需要応答、475,000の充電ポートの追加を目指している。

【参照ページ】
(原文)Enel Launches Clean Energy Retail Business in Select US Markets, Marking its Fourth Business Expansion in 2022
(日本語訳)Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る