Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

11月22日、Enel North Americaは、規制緩和市場において商業・産業(C&I)企業向けに再生可能エネルギーを提供する米国小売エネルギー事業の開始を発表した。

本事業は今年度中にテキサス州で開始され、2023年にはオハイオ州、イリノイ州、ペンシルバニア州など他の米国市場にも拡大する予定だ。

Enelの小売エネルギーサービスの開始は、電動モビリティ構想「Enel X Way」、系統近代化子会社「Gridspertise」に続く、今年4番目の事業拡大となる。

同社の事業拡大計画は、インフレ抑制法の下で「チャンスをつかんだ」結果であり、他の規制の変化と並んで、クリーンエネルギーと国内エネルギー生産を促進するものであると述べている。

Enelはまた、北米市場に50億ドル(6,900億円)近くを投資する計画を発表した。2025年までに電力事業規模の再生可能エネルギーと蓄電池を新たに5GW開発し、2025年までに155MWの分散型エネルギー貯蔵、37MWの需要応答、475,000の充電ポートの追加を目指している。

【参照ページ】
(原文)Enel Launches Clean Energy Retail Business in Select US Markets, Marking its Fourth Business Expansion in 2022
(日本語訳)Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る