ドイツ、再生可能エネルギー電力80%目標を法制化

 

7月11日、ドイツ連邦議会は、過去数十年で最大規模のエネルギー政策の改正を行い、今後数年間で再生可能エネルギーの開発を大幅に増加させることを承認する一連の法律を可決した。

本法律は、ドイツ新政権のクリーンエネルギー戦略の主要な部分を形成している。本戦略は、気候変動に対するドイツの取り組みを強化し、2045年の気候ニュートラル目標に到達するために、ドイツの石炭廃止を数年早め、再生可能エネルギーによる経済への移行を促進することを目的としている。

本戦略には、陸上風力発電を毎年10GWずつ増やし、2030年までに115GWにする計画、太陽光発電を2030年までに倍以上の215GWにし、毎年22GWずつ追加する計画、洋上風力を2030年までに30GW、2035年までに40GW、2045年までに70GWに増加させるという計画が含まれている。

さらに、遅くとも2032年までには、ドイツの国土の2%を陸上風力発電用に確保することになっている。

今年初め、ドイツはオランダ、ベルギー、デンマークとともに、北海を「欧州のグリーン電力プラント」にするための洋上風力発電協定に調印した。各国は、2030年までに65GW、2050年までに150GWの洋上風力発電の合計目標を達成するために1350億ユーロを投資する計画で、EUの気候中立性を達成するために必要な発電容量の半分以上を供給する。

【参照ページ】
(原文)10 GW of new wind farms a year: German Parliament adopts new onshore wind law
(日本語訳)ドイツ、再生可能エネルギー電力80%目標を法制化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る