ストラ・エンソ、IUCNと協力し生物多様性へのネットポジティブ・インパクトを追求

2月13日、フィンランドの製紙・木材大手、ストラ・エンソは、国際環境NGOである国際自然保護連合(IUCN)とのパートナーシップにより、生物多様性へのネット・ポジティブ・インパクトを検証するための科学的根拠に基づくフレームワークを開発したことを発表した。

同社は、自社の所有する森林で生物多様性のネットポジティブ・インパクトを創出することを目標として掲げており、この目標を達成するために同フレームワークの開発に取り組んできた。このフレームワークでは、科学、テクノロジー、データを組み合わせることで生物多様性のインパクトを予測し、ネットポジティブな目標に向けた事業の適応を可能にする。同社は、2025年秋までにフレームワークを完成させる予定であり、スウェーデンの社有林での実証導入を行った後、他の主要組織での採用を促進していく計画である。

ストラ・エンソは、スウェーデンに140万haの社有林を保有しており、南米にも合弁で植林地を持っている。また、フィンランドを中心に森林資産を保有するTornatorの株式41%も保有している。同社は、北欧と中欧の個人士林保有者からも木材を調達しており、持続可能な森林経営に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)Stora Enso partners with IUCN to advance positive impacts on biodiversity
(日本語参考訳)Stora Enso社はIUCNと提携し、生物多様性にポジティブな影響を与えることを目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る