エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(ECP)は第5の主力株式戦略であるECP V(ファンドV)の最終クロージングで、資本コミットメント総額が44億ドルに達したと発表した。これは、ファンドVの当初の目標額40億ドルを10%上回っており、さらに23億ドルの共同投資資本も調達したことを発表した。

同社によるとファンドVは、発電・再生可能エネルギー・蓄電・サステナビリティと脱炭素化インフラにおける魅力的な成長企業を変革するという、同社の投資戦略を継続するものであるという。

同社は、主に米国と欧州に資産を持つ再生可能エネルギー・電力プラットフォームであるAtlantica Sustainable Infrastructure plcを26億ドル(約4000億円)で非公開化すると発表した。ファンドVはまた、英国を拠点とする大手廃棄物管理事会社ビッファ(Biffa)の非公開化を実行し、インフレ抑制法成立後、初めて操業を開始した炭素回収プロジェクトのひとつであるバイオ燃料プラットフォームHarvestoneにも投資している。同社は2005年の創業以来、電力分野への投資を続けており、特に2018年には米国の天然ガス・再生可能エネルギー発電事業者であるカルパイン社(Calpine Corporation)を非公開化している。

【参照ページ】
(原文)Energy Capital Partners (ECP) Completes $6.7 Billion Fundraise
(日本語参考訳)Energy Capital Partners (ECP) が 67 億ドルの資金調達を完了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る