HSBC UK、中小企業向け炭素計算ソフトを提供

5月30日HSBC UKは、炭素運用会社Greenlyとのパートナーシップを発表し、 主な排出源の特定と削減と機会の発見を可能とする炭素の排出量測定支援用の計算ソフトウェアを提供する。

英国には600万を超える中小企業があり、脱炭素化において重要な要素となっている一方で、HSBCの中小企業顧客に対する調査では、測定に関するアドバイスやサポートの欠如が根幹的な問題となり、中小企業が脱炭素化を達成させられていない現状が明らかになった。

HSBCは2023年に試験的に50の企業に同計算ソフトをトライアル導入。フィードバックを受けて、Greenlyと共同で2つのパッケージを開発した。顧客が初期アセスメントを実施し炭素排出源と削減手段を特定できるようにするベーシック・パッケージと、炭素排出量を詳細に把握し、削減方法を含め、Greenlyの気候変動専門家による削減戦略を提供するプレミアム・パッケージからなる。どちらも、中小企業が主要なステークホルダーと共有したり、CDP・SBTi・CSRD報告の入力用などに使用可能だ。

2019年に設立され、パリを拠点とするGreenlyは企業の炭素排出量を監視、削減、報告するサービスを提供している。

【参照ページ】
(原文)HSBC UK launches carbon calculator to help SME clients track and measure their carbon footprint
(日本語参考訳)HSBC UK、中小企業顧客の二酸化炭素排出量の追跡と測定を支援する二酸化炭素計算ツールを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る