Hershey、サステナブルな酪農を展開

ハーシー、持続可能な酪農を展開

6月29日、The Hershey Company (NYSE: HSY)、米農業協同組合Land O’Lakes, Inc.およびAlliance for the Chesapeake Bayは、温室効果ガスの排出を削減し、チェサピーク湾流域の水質改善を支援するために、農場での最善の管理方法を実施するために提携したと発表した。

このパートナーシップには、ペンシルバニア州中央部にある119のLand O’Lakes会員が参加しており、ハーシーに供給する牛乳の50%以上を出荷している。

このプログラムでは、ペンシルバニア州中南部の酪農家との連携を開始し、プログラムの優先順位を決めるために、酪農家の保全ニーズのリストを積極的に作成する。
このパートナーシップは、最初の119軒の酪農家に加えて、資金や支援が増えれば、ハーシーに牛乳を供給しているLand O’Lakes社のメンバーである400軒以上の酪農家にも拡大する可能性があるとしている。

【参照ページ】New Initiative, Sustainable Dairy Pa, Sparks Promise For More Climate-friendly Dairy Supply Chain In Chesapeake Bay Watershed

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る