Hershey、サステナブルな酪農を展開

ハーシー、持続可能な酪農を展開

6月29日、The Hershey Company (NYSE: HSY)、米農業協同組合Land O’Lakes, Inc.およびAlliance for the Chesapeake Bayは、温室効果ガスの排出を削減し、チェサピーク湾流域の水質改善を支援するために、農場での最善の管理方法を実施するために提携したと発表した。

このパートナーシップには、ペンシルバニア州中央部にある119のLand O’Lakes会員が参加しており、ハーシーに供給する牛乳の50%以上を出荷している。

このプログラムでは、ペンシルバニア州中南部の酪農家との連携を開始し、プログラムの優先順位を決めるために、酪農家の保全ニーズのリストを積極的に作成する。
このパートナーシップは、最初の119軒の酪農家に加えて、資金や支援が増えれば、ハーシーに牛乳を供給しているLand O’Lakes社のメンバーである400軒以上の酪農家にも拡大する可能性があるとしている。

【参照ページ】New Initiative, Sustainable Dairy Pa, Sparks Promise For More Climate-friendly Dairy Supply Chain In Chesapeake Bay Watershed

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る