Bayer、ヨーロッパで農業のための脱炭素化プログラム開始を発表

バイエル、ヨーロッパで農業のための脱炭素化プログラム開始を発表

6月29日、Bayerはヨーロッパでのグローバルなカーボンイニシアチブの立ち上げを発表した。
Bayerは、2030年までに二酸化炭素排出量30%削減を目標としており、本アクションもその一環となる。

本プログラムの主な目標は、サステナブルな食料システムのための農家の活動に焦点を当てた食料バリューチェーンの脱炭素化となる。
今回の欧州向けイニシアチブには、フランス、スペイン、ベルギー、デンマーク、ドイツ、ウクライナ、英国の7カ国から農家27世帯が参画している。

【参照ページ】Bayer launches its decarbonization program for agriculture in Europe

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る