WBA、2024年版SDGsトップ企業2,000社のリストを発表

1月16日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の推進を目指す国際NGOであるWorld Benchmarking Alliance(WBA)は、2024年版のSDGsトップ企業2,000社のリストを発表した。WBAは、本リストを2020年から発表しており、今回が5年目のリリースとなる。

選出された2,000社は、86ヶ国から集められ、総売上は45兆米ドル(約6,700兆円)に達している。主要な国としては、米国が449社、中国が251社、日本が150社、英国が82社、インドが93社、フランスが78社、ドイツが75社などが挙げられる。

WBAは「SDG2000」の選出において、2019年に策定した7つの重要なトランスフォーメーション分野に焦点を当てている。これらの分野は、「社会トランスフォーメーション」「食糧・農業トランスフォーメーション」「脱炭素・エネルギートランスフォーメーション」「自然トランスフォーメーション」「デジタルトランスフォーメーション」「都市トランスフォーメーション」「金融システムトランスフォーメーション」である。企業は、売上や生産量、サプライチェーン上での影響力、発展途上国でのプレゼンス、政策アドボカシーへの影響力などから独自に判定された。

WBAのこの取り組みは、企業がSDGsの達成に向けた影響を評価し、透明性と責任を重視する動きを推進している。

【参照ページ】
(原文)World Benchmarking Alliance identifies 2,000 most influential companies globally who can help or hinder achieving the SDGs
(日本語参考訳)WBA、2024年版SDGsトップ企業2,000社のリストを発表

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る