OTPP、コリオ洋上風力発電事業に最大1,200億円を投資

OTPP、コリオ洋上風力発電事業に最大1,200憶円を投資

5月12日、運用資産2400億ドル(約30兆円)以上を誇るカナダ最大の投資家の1つであるオンタリオ・ティーチャーズ・ペンション・プラン(OTPP)は、マッコーリーのグリーン・インベストメント・グループ(GIG)が近年設立した洋上風力事業会社コリオ・ジェネレーションと新たに合弁契約を結び、最大10億ドル(約1,200億円)を投資する計画を発表した。

GIGは今年初めにコリオの立ち上げを発表し、100人以上のスタッフを洋上風力専門事業に異動させ、英国・欧州・台湾・韓国・オーストラリアにおけるGIGの既存プロジェクト・ポートフォリオの開発を継続するとともに、世界クラスの洋上風力資産を新たに創出、融資、開発する機会を模索している。

今回の投資は、韓国・台湾・日本・アイルランド・英国における14の固定式ボトムおよび浮体式プロジェクトからなる、最大9GWの発電容量を持つ洋上風力発電プロジェクトのポートフォリオ開発に資金を提供する。

各ポートフォリオプロジェクトは、現在コリオが開発中である。OTPPは、コリオが保有するプロジェクトの株式の最大半分を取得し、投資により開発、建設、運営に資金を提供する。両社は、新規プロジェクトの立ち上げや買収を通じて、パートナーシップを拡大する機会を探っていくとしている。

本提携は、OTPPが今年初めに発表した、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するというコミットメントと、それに続くポートフォリオ排出量の暫定的な削減目標の導入に続くものである。OTPPは、気候変動に関する目標を達成するために、クリーンエネルギーを生成し、化石燃料の需要を削減し、持続可能な経済を構築する企業への投資を大幅に拡大する計画など、いくつかの取り組みを概説している。

コリオによると、本提携は、長期的な機関投資家向け資本へのアクセスを深めることで、同事業の長期的なパートナーシップのアプローチ強につながるという。

【関連記事】オンタリオ教員年金基金、ポートフォリオの排出量削減とグリーン投資の拡大を目標に設定

【参照ページ】
(原文)Corio partners with Ontario Teachers’ to pursue global offshore wind development
(日本語訳)OTPP、コリオ洋上風力発電事業に最大1,200憶円を投資

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る