AmazonとRepsol、再生可能エネルギーとデジタルトランスフォーメーションの協業を開始

AmazonとRepsol、再生可能エネルギーとデジタルトランスフォーメーションの協業を開始

12月21日、スペインのエネルギー企業であるRepsolとAmazon Web Services(AWS)は、両社のサステナビリティ目標の推進を目的とした新たな協業を開始することを発表した。この新たな協業により、AWSはRepsolのデジタル変革を促進し、RepsolはAWSの事業運営に必要な電力を再生可能エネルギーで供給することになる。

この協業の一環として、両社は電力購入契約(PPA)を締結し、Repsolがスペインに保有する234MWの太陽光および風力発電設備から発電した再生可能エネルギーをAWSに供給することが決定。AWSは、企業として世界最大の再生可能エネルギー購入企業であり、今回の契約は、同社が世界各地で展開する事業の電力源としてクリーンエネルギーを調達するための一連の大規模な契約の中で、最も新しいものとなる。

AWSは、Repsolにハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、デジタルツイン、自然言語処理などのクラウドサービスを提供し、同社の業務のデジタル変革を加速させる予定だ。

また、両社は、新たなデジタル技術の展開や、Repsolの物流業務の効率化に向けた協業の機会も分析すると述べていおり、モビリティと発電におけるビジネスチャンスを体系的に分析するための横断的なプラットフォームを構築する。

今回の新たな協業は、Repsolが2021年10月から、排出削減目標の引き上げと投資計画の拡大を伴う一連の新たな気候目標を発表したことを発端としたものである。2021年から2025年の間に、同社は低炭素化投資をさらに10億ユーロ増やす計画であり、また2030年までに再生可能発電能力を60%増の20GWにすることを目標に掲げている。

【参照ページ】
(原文)Repsol and Amazon announce strategic collaboration
(日本語訳)AmazonとRepsol、再生可能エネルギーとデジタルトランスフォーメーションの協業を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る