Tesco、植木と堆肥の泥炭(ピート)フリー化で大幅な二酸化炭素削減を実現

 

4月3日、Tescoは、英国の小売業として初めて、英国産の観葉植物に泥炭(ピート)を使用せず、二酸化炭素排出量を大幅に削減することを決定した。また、今年初めから、ピートを一切使用しない堆肥の販売も開始した。

ピートは、園芸業界で鉢植えの栽培に使用される最も一般的な資材だが、収穫時に大量の炭素が大気中に放出され、気候変動を加速させている。

この画期的な取り組みは、リンカンシャー州スポルディングにある英国有数の観葉植物サプライヤー、Bridge Farm Horticultureとのパートナーシップにより実現した。また、英国およびアイルランド共和国の泥炭地は、多くの希少な植物や昆虫、鳥類の生息地であるとともに、環境面でも豊かな恩恵をもたらしており、その保護にも貢献する。

Tescoは、毎年約4,000万本の植物を販売する英国最大級の寝具メーカーであり、今回の取り組みは重要である。

本変更により、Tescoは泥炭の使用量を年間9,000立方メートル近く削減することができた。これにより、これらの製品のカーボンフットプリントは、年間1,200トン以上のCO2e(二酸化炭素換算排出量)を削減し、75%の削減となった。

2022年4月、Tescoは気候変動に着目し、英国産の寝具植物シリーズで使用する堆肥からピートを取り除くという決断を下した。現在では、ピートの代わりにウッドファイバーや天然副産物を使用することで、Tescoの委託を受けてブリッジファーム園芸が栽培するすべての敷料植物に、期待される品質を実現している。

Bridge Farm Horticultureが供給するTescoの製品群は、すべてピートを含まない堆肥で試験され、品質や製品寿命に影響を与えることなく成功を収めている。

【参照ページ】
(原文)Tesco to go peat-free on UK-grown bedding plants and compost in major carbon-saving move
(日本語訳)Tesco、英国産の植木と堆肥の泥炭(ピート)フリー化で大幅な二酸化炭素削減を実現

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る