DWS、「クライメート・アクション・ファンド」で米国ETF史上最大規模の運用開始を達成

DWS、「クライメート・アクション・ファンド」で米国ETF史上最大規模の運用開始を達成

4月5日、資産運用会社DWSの上場投資信託事業であるXtrackersは、フィンランドに本拠を置く年金保険会社Ilmarinenによる20億ドル(約2,668億円)の投資を背景にした気候に焦点を当てた新しいETFの上場で、米国における過去最大のETFローンチを達成した。

新しいファンドであるXtrackers MSCI USA Climate Action Equity ETFは、気候変動対策で各セクターをリードする米国の大・中型企業へのエクスポージャーを投資家に提供することを目的としている。

本インデックスは、親インデックスであるMSCI USAインデックスに一連のESGスクリーニングを採用しており、排出強度が非常に高く、Science Based Targetsイニシアティブで承認された排出削減目標を持っていない証券や、気候リスク管理スコアに基づくGICSセクターの下位4分の1の証券は除外されるなど、MSCI USA Climate Actionインデックスを追跡する。

その後、排出強度、グリーンビジネス収益、気候リスクマネジメントスコア、排出実績などの要素に基づき、組み入れのためのランク付けを行う。この評価に基づいて、親インデックスの各GICSセクターから50%の企業を選定する。

【参照ページ】
(原文)Ilmarinen invests in largest ever ETF launch in the United States
(日本語訳)DWS、「クライメート・アクション・ファンド」で米国ETF史上最大規模の運用開始を達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る