Enpower、100Ahのリチウム金属電池の開発に成功

7月10日、全固体電池スタートアップEnpowerは、100Ahのリチウム金属電池(LMB)の開発に成功したと発表した。今回の開発は超高エネルギー密度電池(450Wh/kg、520Wh/kg)に続くものだ。

Enpowerの大容量電池セルは、独自の難燃性電解液の採用により、性能を損なうことなく安全性を高めている。また、自己放電率も低く、黒鉛やシリコン負極を用いた従来のリチウムイオン電池の10%以下となっている。

Enpowerは、中国、日本、米国に子会社を持ち、次世代電池の開発のため国境を越えて協働している。同社は製品ラインを拡大し、ドローンや電動航空機(eVTOL)市場向けに10Ahから50AhのLMBを開発している。

また、同社は、全固体LMBを開発しており、今年中にAhクラスのパウチセルを外部試験用に納入する予定だ。2023年に100MWhスケール、2024年にGWhスケールのLMB製造ラインの生産を開始する。

固体電池は、液体電解質の代わりに固体のセラミック材料を用いて電流を流す技術で、電池の軽量化、充電速度の向上、そして最終的には低コスト化を実現する。固体電池は、より少ない材料でより多くのエネルギーを蓄え、EV用電池の二酸化炭素排出量を24%削減できるという。

【参照ページ】
Enpower Greentech develops world’s lightest 100 Ah lithium metal battery

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る