Longroad、資産所有モデルへの移行資金確保のため約665億円を調達

8月1日、再生可能エネルギー開発企業であるLongroad Energy Holdingsは、風力、太陽光、ストレージのポートフォリオの大幅な拡大を推進し、資産所有に焦点を当てたモデルへの移行をサポートするために、5億ドル(約665億円)を調達したことを発表した。

2016年に設立されたLongroad Energy Holdingsは、風力、太陽光、ストレージのプロジェクト開発、運用資産、およびサービスに注力している。現在、全米で1.5GWの風力・太陽光発電プロジェクトを所有し、Longroadと第三者のために合計3.5GWのプロジェクトを運営・管理している。また、Longroadは、アリゾナ、カリフォルニア、ハワイ、メイン、ユタなど13州において、約15GWの風力、太陽光、ストレージプロジェクトの開発パイプラインを有している。

同社によると、今回の新規投資により、現在150万kWの自社資産ポートフォリオを、今後5年間で850万kWの風力・太陽光・蓄電プロジェクトに拡大する予定である。

本取引は、同社の既存投資家であるNZ Super FundとInfratilの2社に加え、ミュンヘン再保険とERGOの資産運用会社であるMEAGが出資する形で行われたものである。

【参照ページ】
(原文)LONGROAD ENERGY ANNOUNCES $500 MILLION EQUITY INVESTMENT FROM MEAG, NZ SUPER FUND, AND INFRATIL
(日本語訳)再生可能エネルギー開発企業Longroad、5億ドルを調達し、資産所有モデルへの移行資金を確保

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る