世界経済フォーラム、人事担当者に向け、AI利用に関するツールキットを発表

世界経済フォーラム、人事担当者に向け、AI利用に関するツールキットを発表

12月7日、 世界経済フォーラムは「Human-Centred AI for Human Resources」を発表した。これは人事(HR)における人工知能の責任ある利用をスケールアップするための「人事担当者向けツールキット」である。ツールキットには、AIベースのHRツールの責任ある使用における主要なトピックとステップを網羅したガイドと、戦略的なプランニングと特定のツールの導入に焦点を当てた2つのチェックリストが含まれている。

本論文によると、現在AIを利用したHRツールは250種類にのぼるとされている。これらのツールは、より効果的、公正、効率的な方法で人材を管理することを目的としている。

しかし、HRにおけるAIの使用はデータプライバシーや偏見といった分野でAIが問題を起こす可能性があることから懸念点も多い。またHRにおけるAIの使用は、いくつかの国でその使用を規制する動きがあることから、組織に対して運用、風評、法的リスクをもたらすことにつながる。そのため、HRにおけるAIには高い関心がある一方で、不安もあり、組織はこの複雑化する状況を乗り切ろうとしている。

今般のツールキットは、組織がこれらの課題を克服するために作成された。世界経済フォーラムによると、人事、データサイエンス、雇用法、倫理の50人以上の専門家を集め、この分野におけるAIの責任ある活用のための実践的なツールキットにしたという。

また、ツールキットの内容は、フォーカスグループ、ワークショップ、綿密なパイロットを通じて、民間、公共、市民社会組織の300人以上の人事専門家によって検討された。

ツールキットとともに発行された付属のホワイトペーパーでは、HRにおけるAIの新たな問題について論じられている。

【参照ページ】
(原文)Artificial Intelligence for Human Resources Toolkit Helps Organizations Overcome Implementation Challenges
(日本語訳)世界経済フォーラム、人事担当者に向け、AI利用に関するツールキットを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る