米エネルギー省、EV転換の支援に向け2.3兆円の拠出を発表

8月31日、米エネルギー省(DOE)は、主にEVへの移行に際して既存工場を改修するための155億ドル(約2.3兆円)の資金・融資パッケージを発表した。

本資金には、EVと部品の製造のための補助金として「国内製造転換補助金」の20億ドル(約3,000億円)が含まれる。EV、効率的なハイブリッド車、プラグイン電気ハイブリッド車、水素燃料電池自動車の国内生産が対象。本補助金は、EV転換において、労働者と地域社会にとって公正な移行を支援することを目的としているため、高賃金と労働協約の維持にコミットする事業者が優先される。また本資金援助を受けた事業者は、クリーンエネルギーへの移行から利益を得られるようにすることを目的とした、大統領の「Justice40 Initiative」にも貢献しなければならない。

DOEはまた、「先進技術自動車製造融資プログラム」に基づき、質の高い雇用維持を行う申請事業者に対し、最大100億ドル(約1.5兆円)を融資する。申請事業者は、高賃金・福利厚生の維持や、設備改修の際、新設備が完成するまで既存の設備を稼動させることなどが要求される。

米国のEVバッテリー製造強化と国内サプライチェーンの強化に向け、約35億ドル(約5,000億円)も融資する。本資金は、インフラ・雇用促進法によってを財源とし、電池材料、電池部品、電池製造のための国内商業施設の新設、改修、拡張を支援する電池材料加工・電池製造助成金の第2弾となる。

本発表は、バイデン大統領の「Investing in America」アジェンダによって実現した。本アジェンダは、国のインフラ再建、5,000億ドル(約74兆円)以上のクリーン・エネルギーへの投資、高賃金の雇用創出を目的としている。

【参照ページ】
(原文)Biden-Harris Administration Announces $15.5 Billion to Support a Strong and Just Transition to Electric Vehicles, Retooling Existing Plants, and Rehiring Existing Workers
(日本語参考訳)米エネルギー省、EV転換の支援に向け2.3兆円の拠出を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る