IKEAの親会社Ingka、クリーンエネルギー目標を支援する初の蓄電池プロジェクトを開始

 

9月8日、IKEAの親会社であるIngka Groupの投資部門Ingka Investmentsは、再生可能エネルギー企業Apex Clean Storageと提携し、同社初の蓄電池プロジェクトであるCameron Storageの立ち上げを発表した。

両社によると、テキサス州キャメロン郡にあるIngkaの165メガワット・キャメロン風力発電所と併設される、容量16.4メガワットの本プロジェクトは、エネルギー需給が変動する中、テキサス州の送電網の信頼性向上をサポートするもの。本プロジェクトは10月に商業運転を開始する予定である。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換の重要な投資分野として浮上している。風力や太陽光など多くの再生可能エネルギー源が断続的な発電であり、24時間エネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしない必要があることから、蓄電は急速に拡大するクリーン・エネルギー転換の主要なビルディング・ブロックのひとつを形成している。

本プロジェクトは、2030年までに再生可能エネルギーへの投資を65億ユーロ(約1兆232億円)に拡大するという2021年のIngka・インベストメンツのコミットメントに続くものである。Ingkaは2009年以来、再生可能エネルギーにすでに35億ユーロ(約5,500億円)以上を投資・コミットしており、現在、17カ国で575基の風力タービン、20カ所のソーラーパーク、IKEAストアや倉庫の屋根に設置された93万5000枚のソーラーパネルを所有・管理しており、総発電容量は230万kWを超える。

さらに同社は、2030年までに自社のバリューチェーンが排出する温室効果ガスよりも多くの温室効果ガスを削減し、気候変動に積極的に対応するというIKEAの公約の達成を支援する取り組みの一環であると付け加えた。

【参照ページ】
(参考記事)IKEA Parent Ingka Launches its First Battery Storage Project

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る