投資運用会社Mirova、プライベート・エクイティ・インパクト・ファンドを個人投資家に開放

投資運用Mirova、プライベート・エクイティ・インパクト・ファンドを個人投資家に開放

9月13日、サステナビリティに特化した投資運用会社Mirovaは、同社のプライベート・エクイティ・インパクト・ファンド「Mirova環境加速資本ファンド」へのアクセスを個人投資家に提供すると発表した。

Mirovaは、2021年9月に汎欧州プライベート・エクイティ・ファンドを立ち上げ、環境移行に貢献する持続可能な革新的ソリューションと技術を提供する企業への投資を行っている。同ファンドは、スマートシティ、天然資源、アグリ・アグロテクノロジー、循環型経済、クリーンエネルギーの5つの主要テーマを対象とし、対象となるSDGsの少なくとも1つに直接取り組み、実証済みのビジネスモデルや成熟した革新的ソリューション・技術を持つ企業に投資する。

【関連記事】Mirova、インパクト・プライベート・エクイティ・ファンドを設立 環境ソリューションに特化

これまでの投資先には、気候変動による農作物の管理・保護を専門とするスタートアップOmbreaや、バイオベースのモジュール式建築物の設計・施工を行うVestackなどがある。

これまで、同ファンドは機関投資家のみを対象としていた。今回、欧州長期投資ファンド(ELTIF)に認定され、より多くの投資家に利用できるようになった。

【参照ページ】
(原文)Mirova offers retail investors access to its private equity impact fund
(日本語訳)Mirovaは個人投資家にプライベート・エクイティ・インパクト・ファンドへのアクセスを提供します

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る