投資運用会社Mirova、プライベート・エクイティ・インパクト・ファンドを個人投資家に開放

投資運用Mirova、プライベート・エクイティ・インパクト・ファンドを個人投資家に開放

9月13日、サステナビリティに特化した投資運用会社Mirovaは、同社のプライベート・エクイティ・インパクト・ファンド「Mirova環境加速資本ファンド」へのアクセスを個人投資家に提供すると発表した。

Mirovaは、2021年9月に汎欧州プライベート・エクイティ・ファンドを立ち上げ、環境移行に貢献する持続可能な革新的ソリューションと技術を提供する企業への投資を行っている。同ファンドは、スマートシティ、天然資源、アグリ・アグロテクノロジー、循環型経済、クリーンエネルギーの5つの主要テーマを対象とし、対象となるSDGsの少なくとも1つに直接取り組み、実証済みのビジネスモデルや成熟した革新的ソリューション・技術を持つ企業に投資する。

【関連記事】Mirova、インパクト・プライベート・エクイティ・ファンドを設立 環境ソリューションに特化

これまでの投資先には、気候変動による農作物の管理・保護を専門とするスタートアップOmbreaや、バイオベースのモジュール式建築物の設計・施工を行うVestackなどがある。

これまで、同ファンドは機関投資家のみを対象としていた。今回、欧州長期投資ファンド(ELTIF)に認定され、より多くの投資家に利用できるようになった。

【参照ページ】
(原文)Mirova offers retail investors access to its private equity impact fund
(日本語訳)Mirovaは個人投資家にプライベート・エクイティ・インパクト・ファンドへのアクセスを提供します

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る