フィデリティ投信、森林破壊に関連する期待値を満たさない企業に反対票

 

11月8日、投資運用会社のフィデリティ・インターナショナルは、持続可能な投資とスチュワードシップ・プロセスに自然を統合するアプローチを概説し、2024年から森林破壊関連の慣行と情報開示に関する期待に応えられない企業に対して議決権行使を開始するという誓約を含む一連のコミットメントを設定した「Nature Roadmap」を発表した。

新しい投票方針は、2021年のCOP26国連気候変動会議において、フィデリティが「コモディティ主導型森林破壊の撲滅に関する金融セクターのコミットメント・レター」に署名したことを受けたもの。2025年までに投資戦略における森林リスク農業コモディティ主導型森林破壊活動を撲滅するという最善の努力目標に向けて、関与とスチュワードシップを活用することを約束している。

同社はまた、「生物多様性のための金融(Finance for Biodiversity)」誓約の財団メンバーであり、署名者でもある。この誓約は、運用資産22兆ドル以上に相当する150以上の金融機関が協力し、融資活動や投資を通じて生物多様性を保護・回復し、知識を共有し、企業と関わり、影響を評価し、目標を設定し、2025年までにこれらの活動について公に報告することを約束するものである。

ロードマップに示された追加的な行動には、自然を含むサステナビリティに関連する問題の強固なガバナンスと監視の確保、ESG格付け、SDGsツール、気候格付けなどフィデリティのESGツールへの自然の統合、自然関連の影響、リスク、機会の統合を強化するための外部ツールやデータの活用、政策への関与やシステム全体のスチュワードシップ・イニシアティブに加えて、持続可能な投資フレームワークへの自然の組み込みなどが含まれる。

【参照ページ】
(参考記事)Fidelity International reinforces its commitments to tackling nature loss and launches its nature roadmap

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る