GMとStellantis、持続可能なEV用磁石の新興企業Niron Magneticsに出資

 

11月8日、サステナブル・マグネット・テクノロジー企業のNiron Magneticsは、大手自動車メーカー、GMVentures、Stellantis Venturesが投資家リストに加わり、3,300万ドル(約50億円)を調達したと発表した。

永久磁石は、自動車やEVのドライブトレインから再生可能エネルギーシステムや家電製品に至るまで、システムや機器に不可欠な部品である。EV需要の急増により、これらの材料に代わる、より安定した持続可能な材料へのニーズが高まっている。

2015年に設立されたミネソタ州ミネアポリスに本拠を置くNiron Magneticsは、世界的かつ持続可能な調達が可能で、レアアースやその他の重要な材料を含まない、一般的に入手可能な鉄と窒素の原材料を使用した「クリーンアース磁石」を開発した。

同社の磁石は、レアアース磁石と同等かそれ以上の性能と温度安定性を、半分のコストで実証しているという。

同社によると、今回の資金調達には、以前から地元に投資しているShakopee Mdewakanton Sioux Communityとミネソタ大学も参加しており、Nironは現在のパイロット生産施設を拡張し、独占的な顧客プログラムとクリーンアースマグネットの初期販売に向けて製造能力を拡大することができる。

今回の投資と同時に、GMは、将来のGM製EVに使用可能なクリーン・アース・マグネット・モーター技術を共同開発するため、Nironと戦略的パートナーシップを結ぶことも発表した。

【参照ページ】
GM, Stellantis invest in EV magnet startup in move to reduce China reliance

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る