欧州理事会、対ロシア制限措置の第4次パッケージを採択

3月15日、欧州理事会は、ロシアに対する制限的措置の第4次パッケージの採択に合意した。これらの制裁措置は、米国をはじめとする国際的なパートナーとの間で調整され、ロシアに対する経済的圧力をさらに強める。

合意された措置は以下の通り。

  • 特定のロシア国営企業との全面的な取引の禁止
  • 現在EUのセーフガード措置下にある鉄鋼製品のEUへの輸入禁止
  • ロシアのエネルギー分野への新規投資を全面的に禁止(ただし、民間の原子力エネルギーと特定のエネルギー製品のEUへの輸送は例外。)
  • ロシアの富裕層に直接打撃を与えるため、高級車や宝飾品などの贅沢品の輸出禁止
  • 制裁対象となる個人・団体のリストを拡大し、ロシアとつながりのある富裕層や、軍事・防衛分野で活動し、侵略を後方支援・物質的に支えている企業も対象に
  • EU の格付け機関によるロシアおよびロシア企業の格付けと、ロシアの顧客に対する格付けサービスの提供禁止。

EUは3月15日、他の世界貿易機関(WTO)加盟国と共同で、EU市場におけるロシアの製品およびサービスの最恵国待遇を拒否することに合意した。これは、3月11日のG7加盟国による発表に続くものであり、ロシアがWTO加盟国として享受している恩恵は停止される。

ロシアに対するこれらの措置は、ベラルーシの支援を受けたロシアのウクライナに対する計画的で不当な侵略行為に照らして、EUとそのパートナーの安全保障上の本質的利益を保護するものだ。 3月15日の合意は、ロシアによるウクライナの領土保全に対する侵略行為と、ウクライナの市民および都市に対する残虐行為に対して、広範かつ前例のない一連の措置となっている。欧州委員会は、EU条約の保護者として、EU全域におけるEU制裁の実施を監視する役割を担っている。

【参照ページ】
(原文)Ukraine: EU agrees fourth package of restrictive measures against Russia

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る