ネスレ、キットカットの紙製パッケージを試験的に導入

ネスレ、キットカットの紙製パッケージを試験的に導入

1月11日、食品・飲料大手のネスレは、チョコレートブランド「キットカット」の紙製包装の導入をオーストラリアで試験的に開始することを発表した。

ネスレは、Colesとの独占提携により、リサイクル可能な紙製包装のキットカットバーを25万個以上生産する。この紙製包装は、西オーストラリア州、南オーストラリア州、ノーザンテリトリー州で販売され、消費者がフィードバックを提供できるようQRコードが表示される。

同社によると、本プロジェクトは、パッケージのサステナビリティに取り組む取り組みの一環である。ネスレは、2025年までにパッケージの100%をリサイクルまたは再利用可能にし、プラスチック使用量の削減、再生プラスチックの活用、プラスチックパッケージの代替品の探索などに取り組み、バージンプラスチックの使用量を3分の1に削減することを約束している。

また、原材料、製造、流通における排出負荷の低減を目指し、2025年までにキットカットブランドのカーボンニュートラル達成を目指している。

新しいパッケージの用紙は、英国ヨークにあるネスレの製菓研究開発センターで適応され、試験された。

【参照ページ】
(原文)Have a paper-wrapped break with KitKat
(日本語参考訳)ネスレ、キットカットの紙製パッケージを試験的に導入

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る