スコットランド、クリーンエネルギー移行戦略で「再生可能エネルギー大国」の地位確立を目指す

スコットランド、クリーンエネルギー移行戦略で「再生可能エネルギー大国」の地位確立を目指す

1月10日、スコットランド政府は、再生可能エネルギー容量とエネルギーの導入を大幅に拡大し、化石燃料使用からの転換を図る目標を含む、ネット・ゼロのエネルギーシステムを実現するための戦略案「エネルギー戦略およびジャスト・トランジション・プラン」の草案を発表した。

本計画では、余剰の再生可能な水素と電力を輸出し、欧州全体の脱炭素化の取り組みを支援することも想定している。

本計画には、スコットランドのクリーンエネルギー能力を飛躍的に向上させる提案が含まれている。2030年までに現在の1,340万kWに加え、現在の需要のほぼ50%に相当する2,050万kWの再生可能エネルギー発電能力を追加し、2045年までに再生可能かつ低炭素の水素電力を2500万kWにするという(中間目標は2030年までに500万kWとする予定)。

さらに、太陽光・水力・海洋エネルギーのエネルギーミックスへの貢献度を高めること、産業・運輸・建物の熱の脱炭素化を加速すること、エネルギー安全保障、市場メカニズム、ネットワーク投資、市場規制に関する英国政府への政策提言も行っている。

また、化石燃料エネルギーに関する最終的な政策ポジションを設定し、北海油田・ガスの新規探査に反対する協議も提案する。

草案によると、エネルギー部門は依然としてスコットランドの重要な雇用源であり、2019年時点で77,000人の雇用を占め、そのうち57,000人は直接または間接的にオフショア石油・ガスに依存している。新提案には、エネルギー労働者の支援、エネルギー発電とサプライチェーンにおける雇用の増加など、エネルギー部門のJust Transition計画が含まれている。本計画では、エネルギー部門の雇用の全体的な成長を想定し、2030年には82,000人の雇用を予測し、その半分以上を低炭素生産地域に、2050年には77,000人の低炭素エネルギー雇用を予測している。

【参照ページ】
(原文)Delivering a fair and secure zero carbon energy system
(日本語参考訳)スコットランド、クリーンエネルギー移行戦略で「再生可能エネルギー大国」の地位確立を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る