SAPとGIZ、グリーン水素認証のためのデジタルソリューションで協業

3月23日、ブラジルおよびドイツのグリーン水素認証をサポートするソフトウェアの一般的な要件を検証し、コンセプトを開発するために、SAPはドイツ国際協力庁(GIZ)と官民パートナーシップを締結したと発表した。ブラジルのサプライヤーが自社の水素が真にグリーンであることを証明できるよう、本プロジェクトでは認証ルールの評価と要約、デジタルソリューションのテストも行う予定である。

「GreenToken by SAPソリューション」は、ISCC PLUS、ISCC EU、REDcert2などの基準に基づくブロックチェーン・ベースのカストディを使用し、あらゆる材料の原産地まで遡ってサプライチェーンの透明性を提供することができる。ブロックチェーン上のデジタルツインは、商品の原産地、児童労働、リサイクルやサステナビリティの状況など、ESG(環境、社会、ガバナンス)の事実を、企業の国境を越えて透明化することができる。

ドイツ連邦経済・気候行動省(BMWK)の資金援助を受けている本パートナーシップの成果は、ブラジルの大企業だけでなく、中小企業にも役立つと期待されている。

経済の脱炭素化を進める一方で、並行してグリーン水素産業を発展させることで、経済成長とレジリエンスを高め、ブラジルのようなグリーン水素を生産する国で現地雇用を創出することが可能となる。本パートナーシップは、ブラジル、ドイツ、そして欧州指令への準拠を通じ、ブラジルにおける水素経済の発展に大きく貢献することにつながる。

【参照ページ】
(原文)SAP and GIZ Cooperate on Digital Solutions for Green Hydrogen Certificates
(日本語参考訳)SAPとGIZ、グリーン水素認証のためのデジタルソリューションで協業

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る