Mastercard、プラスチックカードのリサイクル・プログラムをグローバルに展開

Mastercardがプラスチックカードのリサイクル・プログラムをグローバルに展開

6月22日、世界的なペイメント・テクノロジー企業であるMastercardは、初回使用分のプラスチックで作られた期限切れのクレジットカードやデビットカードが環境に与える影響に対処することを目的とした、新しいカード・リサイクル・プログラムの開始を発表した。

新しい取り組みでは、 Mastercardが期限切れカードの回収、輸送、リサイクルを行い、銀行が安全にカードを処分できる方法を提供する。この試験的な取り組みは、HSBC銀行の一部の支店がカードのリサイクルを行っている英国で昨日開始され、今後世界的に展開される予定である。

本プログラムは、Mastercardが今年初めに発表した、自社ネットワーク上の決済カードから初回使用のPVCプラスチックを排除するというコミットメントと、2028年までに新たに製造されるすべてのMastercardのプラスチック決済カードに、再生プラスチックやバイオ由来プラスチックなど、より持続可能な素材を使用することを義務付ける新しいルールに続くものである。

同社によると、期限切れのカードは安全な回収ボックスに投函され、ボックス内でシュレッダーにかけられて内蔵チップが破壊される。細断された廃棄物は、Mastercardのリサイクル・パートナーであるテラサイクルに送られ、そこで細断されたプラスチックは、他のプラスチック製品に再利用できるペレットや粉末に生まれ変わる。

今回の発表は、Mastercardにおけるサステナビリティ関連の一連の取り組みの最新版となる。同社は10年以上前にESGへの取り組みを開始し、当初は金融包摂、包括的成長、データ責任などの分野に注力していました。近年、Mastercardはそのイニシアティブを環境の持続可能性にも拡大し、2021年にネット・ゼロ目標を設定(その後加速)し、Priceless Planet Coalitionを立ち上げ、パートナーと協力して2025年までに1億本の樹木を回復させるという目標に貢献している。2021年、マスターカードは上級役員向けの報酬モデルを発表し、インセンティブ報酬の一部をESG優先分野であるカーボンニュートラル、金融包摂、男女賃金平等の進捗に連動させた。

【参照ページ】
(原文)Mastercard launches global plan to recycle credit cards
(日本語訳)Mastercard、クレジットカードのリサイクル計画を世界規模で開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る