AI技術スタートアップFero Labs、製造業の脱炭素化を推進するため約21億円を調達

AI技術スタートアップのFero Labs、製造業の脱炭素化を推進するため約21億円を調達

6月21日、AIに特化した製造プロセス最適化ソフトウェア会社Fero Labsは、製造業における排出量削減ソリューションを目的とした資金調達で、1500万ドル(約21億円)を調達したと発表した。

2015年に設立されたニューヨークを拠点とするFero Labsは、産業プロセスの効率を高め、排出量を削減するよう設計されたAI駆動型ソフトウェアを開発しており、特に鉄鋼、セメント、化学など脱炭素化に苦戦する製造業に焦点を当てている。

製造業は世界の炭素排出量の25%を占めており、その3分の2は鉄鋼、セメント、化学製品の製造によるものである。Fero Labsのソフトウェアは、製造業界の排出量削減に貢献しており、現在までに10万トン以上のCO2排出量を削減し、顧客には2000万ドル以上の節約を可能にしているという。

今回の資金調達ラウンドはClimate Investment(旧OGCI Climate Investments)が主導し、Blackhorn Ventures、Innovation Endeavors、DI Technologyが追加投資した。Fero Labsのこれまでの資金調達総額は3,000万ドル(約42億円)に達した。

Fero Labsによると、今回の資金調達の主な目的は、同社のソフトウェアに新たな持続可能性機能を導入し、主要産業での商品化を支援することである。同社によると、同社の目標は2025年までに少なくとも80万トンの排出量を削減することである。

【参考ページ】
(原文)Fero Labs Secures $15M to Reduce Manufacturing Emissions with AI
(日本語訳)Fero Labs、AIで製造業の排出量を削減するために1,500万ドルを獲得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る