サステナビリティ・データ・プラットフォームWorldfavor、約14億円を調達

8月23日、スウェーデンのサステナビリティデータプラットフォームWorldfavorは、シリーズA資金調達ラウンドで1020万ユーロ(約14億円)を調達し、その収益は成長と拡大計画の加速を目的としていることを発表した。

2016年に設立されたWorldfavorは、GHG排出量や多様性から人権や腐敗防止に至るまで、ESGデータを単一プラットフォームに集中させることで、企業が持続可能な行動を取れるようにすることを目的としている。また、本プラットフォームは、SFDR、HRDD、GHG、GRIなどの法律やESG関連規制・フレームワークの遵守と維持もサポートしている。

本ラウンドは、北欧の企業銀行SEBの一部であるSEB Private Equityが主導し、既存の投資家であるBrightly VenturesとSpintop Venturesとともに行われた。

【参照ページ】
(原文)Swedish sustainability platform Worldfavor raises €10.2mn
(日本語訳)サステナビリティ・データ・プラットフォームWorldfavor、約14億円を調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る