グローバル・メタン・ハブ(GMH)とダノンが畜産におけるメタン排出対策でパートナーシップを締結

グローバル・メタン・ハブ(GMH)とダノンが畜産におけるメタン排出対策でパートナーシップを締結

11月22日、パリ&サンティアゴ、グローバル・メタン・ハブ(GMH)とダノンは、画期的な協力関係において、畜産におけるメタン排出という喫緊の課題に取り組むために手を組んだ。本パートナーシップは、腸内発酵の過程で放出されるメタンの大幅な削減に貢献するスケーラブルなソリューションを開拓することを目的としている。

食品業界の世界的リーダーであるダノンは、腸内発酵R&Dアクセラレーターの第1回企業サポーターとなる。アクセラレーターは、腸内メタンに焦点を当てた世界最大規模の世界的研究イニシアティブであり、GMHが監督する。本イニシアティブは、慈善団体や政府の支援によって支えられている。

2億ドル(約286億円)の資金確保に成功した腸内発酵R&Dアクセラレーターは、画期的な研究とイノベーションを推進する態勢を整えている。主な目的は、反芻家畜のメタン排出の原因となる消化プロセスである腸内発酵を緩和するために、畜産農家が実用的で拡張可能なソリューションを開発することである。

アクセラレーターの包括的な研究課題は、様々な戦略を包含している。

  • 飼料添加物: 飼料添加物:消化中のメタン排出を削減するための革新的な飼料配合を探求する。
  • 動植物遺伝学: 動植物の遺伝子組み換えによるメタン耐性株の研究。
  • メタン・ワクチン:家畜のメタン生成を最小限に抑えることを目的としたワクチンの開発。
  • 測定技術:農場でのメタン排出を測定・監視するための、利用しやすく安価な技術の開発。

共同作業は、強力な温室効果ガスであるメタン排出との闘いにおける重要な前進を意味する。GMHとダノン、そしてその共同研究者たちは、リソースと専門知識を結集することで、農法に革命を起こし、より持続可能で環境に優しい農法を目指す。

腸内発酵R&Dアクセラレーターは希望の光であり、官民が一体となってグローバルな課題に取り組む方法を示している。このパートナーシップは、企業責任と環境スチュワードシップの先例となり、持続可能な未来を切り開くための共同研究とイノベーションの力を示している。

【参照ページ】
(原文)Danone and the Global Methane Hub join forces together to accelerate innovation in methane reduction
(日本語参考訳)ダノンとグローバル・メタン・ハブが提携し、メタン削減のイノベーションを加速

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る