持続可能な保険原則(PSI)、環境汚染賠償責任保険に関する報告書を発表

 

6月、持続可能な社会を目指す保険業界を支援する国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)の持続可能な保険原則(PSI)はDB Insuranceの支援を受け、環境汚染賠償責任保険に関する世界規模の調査を実施した。

環境汚染賠償責任保険は数十年前から存在しているが、伝統的な汚染リスクと、より広範な新しい環境リスクに対応できるその潜在力は、まだほとんど開拓されていない。

本報告書は、世界の環境汚染賠償責任保険市場の発展と拡大を支援するために、適切な法規制の枠組み、環境保護に関する法令の適切な執行、企業による強力な損失防止策とリスク軽減策、環境汚染データの入手可能性、アクセス性、質などが基本的に重要であるという調査結果を強調した。

また、調査から得られた6つの主要テーマに基づき、公害防止、温室効果ガス排出削減、生物多様性と生態系の保護、持続可能な経済への移行支援において主導的役割を果たすために、世界の保険業界が推奨する戦略、行動などについて概説している。

【参照ページ】
(原文)NEW RISKS, NEW OPPORTUNITIES: HARNESSING ENVIRONMENTAL POLLUTION LIABILITY INSURANCE FOR A SUSTAINABLE ECONOMY
(日本語訳)持続可能な保険原則(PSI)、環境汚染賠償責任保険に関する報告書を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る