Dun & Bradstreet、ESGランキングを7400万社に拡大

Dun & Bradstreet、ESGランキングを7400万社に拡大

5月3日、ビジネスデータおよび分析プロバイダーのDun & Bradstreetは、ESGランキングの大幅な拡大を発表し、カバー率を4200万社から7400万社の公開・非公開企業に拡大した。

本ランキングは、2021年に開始されたもので、企業がビジネスパートナーの持続可能なパフォーマンスや活動を評価・追跡できるように設計された、同社のESGインテリジェンスソリューションの一部を構成している。

本ランキングは、ユーザーがESGリスクと機会を評価することを目的としており、13のESGテーマと31のトピックカテゴリーに分類され、数百万件のソースから収集したデータを用いて、CDP、SASB、GRI、TCFD、UN PRI、UN SGDsなどの持続可能性フレームワークを基に構成されている。

同社が発表したその他のESGツールには、サプライチェーンやベンダーポートフォリオのリスクを管理するための「ESG on Risk Analytics」、調達マネージャーがベンダーを評価するための調査「ESG Self-Assessment」、自己評価を完了することで企業が獲得できる「ESGシール」「ESG Registered」などがある。

【参照ページ】
(原文)Dun & Bradstreet Expands Its ESG Rankings Coverage to Nearly 74 Million Public and Private Companies
(日本語訳)ダン・アンド・ブラッドストリート、ESGランキングの対象企業を約7400万社の公開・非公開企業に拡大

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ABAC、APECビジネスリーダーに対し、差し迫ったグローバルな課題への協力を要請する。

    2023-12-5

    ABAC、APECビジネスリーダーに対し、差し迫ったグローバルな課題への協力を要請

    11月14日、ドミニク・ウンAPECビジネス諮問委員会(ABAC)委員長は、サンフランシスコで開催…
  2. 2023-12-5

    CDP、2023年版の都市における気候変動対策「Aリスト」を発表

    11月14日、国際的な環境情報開示NGOであるCDPは、2023年版の都市における気候変動対策「A…
  3. 2023-12-5

    IPEF、サプライチェーン協定締結

    11月14日、サンフランシスコで開催されたインド太平洋経済枠組み(IPEF)第2回閣僚会議において…

アーカイブ

ページ上部へ戻る