Dun & Bradstreet、ESGランキングを7400万社に拡大

Dun & Bradstreet、ESGランキングを7400万社に拡大

5月3日、ビジネスデータおよび分析プロバイダーのDun & Bradstreetは、ESGランキングの大幅な拡大を発表し、カバー率を4200万社から7400万社の公開・非公開企業に拡大した。

本ランキングは、2021年に開始されたもので、企業がビジネスパートナーの持続可能なパフォーマンスや活動を評価・追跡できるように設計された、同社のESGインテリジェンスソリューションの一部を構成している。

本ランキングは、ユーザーがESGリスクと機会を評価することを目的としており、13のESGテーマと31のトピックカテゴリーに分類され、数百万件のソースから収集したデータを用いて、CDP、SASB、GRI、TCFD、UN PRI、UN SGDsなどの持続可能性フレームワークを基に構成されている。

同社が発表したその他のESGツールには、サプライチェーンやベンダーポートフォリオのリスクを管理するための「ESG on Risk Analytics」、調達マネージャーがベンダーを評価するための調査「ESG Self-Assessment」、自己評価を完了することで企業が獲得できる「ESGシール」「ESG Registered」などがある。

【参照ページ】
(原文)Dun & Bradstreet Expands Its ESG Rankings Coverage to Nearly 74 Million Public and Private Companies
(日本語訳)ダン・アンド・ブラッドストリート、ESGランキングの対象企業を約7400万社の公開・非公開企業に拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る