180以上の投資家グループ、消費財メーカーや小売業者にプラスチック使用量の削減を要請

1,340兆円投資家グループ、消費財メーカーや小売業者にプラスチック使用量の削減を要請

5月4日、10兆ドル(約1,340兆円)の運用資産に相当する180以上の投資家グループが、企業に対してプラスチックの使用を削減し、プラスチック使用による財務リスクに対処するよう求める共同声明に署名した。

本声明は、Investors for Sustainable Development (VBDO)が取りまとめたもので、主にプラスチック包装の大量使用者、特にコカ・コーラ、コストコ、P&G、ネスレ、ユニリーバ、ターゲットなどの消費財や食品小売分野の企業を対象としている。

署名者は、Amundi、Aviva Investors、AXA IM、LGIM、Mirova、Rockefeller Asset Managementである。

本声明は、企業や投資家がプラスチック汚染に関連する財務的、物理的、法的、技術的、規制的、風評的なリスクの増大に直面していることを示すものである。例えば、先月、カナダは、プラスチック包装のリサイクル率要件とプラスチック製品の表示・報告要件を導入する新規則を提案した。また、多くの地域で最近、使い捨てプラスチックの使用を禁止する法律が導入された。

投資家も、プラスチック関連のリスクについて透明性を求める声を強めている。先月、環境情報開示プラットフォームであるCDPは、136兆ドル(約1.8京円)の資産を持つ740人以上の投資家から開示の要望があったとして、企業がプラスチック関連の影響を報告する機能を開始することを発表した。

これらのリスクに対処するため、投資家向け声明では、使い捨てプラスチック包装の絶対的削減と再利用システムの導入を約束すること、製品や包装に含まれる有害物質の特定と使用廃止を約束し、その進捗を報告することなど、企業に対する一連の期待を示している。また、この声明では、新たな世界プラスチック条約の交渉に向けた取り組みなど、プラスチックの削減を提唱する政策を支持することを企業に期待することを概説している。

【参考ページ】
(参考記事)Investors managing $10 trillion urge faster corporate action on plastics

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る