Volvo・Rio Tinto、低炭素材料と脱炭素に特化したパートナーシップを発表

9月13日、世界的な鉱山・金属会社であるRio Tintoと、トラック・バス・建設機械会社であるVolvoは、低炭素材料と持続可能性に焦点を当てたソリューションの提供を通じて、両社の気候変動に関する目標を推進することを目的とした新たなパートナーシップを締結したことを発表した。

本パートナーシップの下、Rio Tintoは、責任を持って調達された低炭素製品をVolvoに供給し、リチウム、低炭素アルミニウム、銅、メタリック.ソリューションなどの原材料の安定供給を確保する。また、Rio Tintoは、Volvoの持続可能な自律走行型運搬ソリューションの試験運用を行う予定である。

Rio Tintoは、本合意により、同社の事業とサプライチェーンにおける持続可能性のコミットメントを進展させることができると述べている。同社は、2025年までに15%、2030年までに50%の温室効果ガス排出量を削減し、2050年までにネット・ゼロを達成するという気候目標を掲げている。

Volvoは、2040年までにバリューチェーンをネット・ゼロにする目標を発表しており、最近、化石燃料を使わない鋼材を使用した建設機械を世界で初めて納入したメーカーでもある。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto and Volvo Group partner for low-carbon materials supply and pilot sustainable autonomous hauling solutions
(日本語訳)Volvo・Rio Tinto、低炭素材料と脱炭素に特化したパートナーシップを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る