Volvo・Rio Tinto、低炭素材料と脱炭素に特化したパートナーシップを発表

9月13日、世界的な鉱山・金属会社であるRio Tintoと、トラック・バス・建設機械会社であるVolvoは、低炭素材料と持続可能性に焦点を当てたソリューションの提供を通じて、両社の気候変動に関する目標を推進することを目的とした新たなパートナーシップを締結したことを発表した。

本パートナーシップの下、Rio Tintoは、責任を持って調達された低炭素製品をVolvoに供給し、リチウム、低炭素アルミニウム、銅、メタリック.ソリューションなどの原材料の安定供給を確保する。また、Rio Tintoは、Volvoの持続可能な自律走行型運搬ソリューションの試験運用を行う予定である。

Rio Tintoは、本合意により、同社の事業とサプライチェーンにおける持続可能性のコミットメントを進展させることができると述べている。同社は、2025年までに15%、2030年までに50%の温室効果ガス排出量を削減し、2050年までにネット・ゼロを達成するという気候目標を掲げている。

Volvoは、2040年までにバリューチェーンをネット・ゼロにする目標を発表しており、最近、化石燃料を使わない鋼材を使用した建設機械を世界で初めて納入したメーカーでもある。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto and Volvo Group partner for low-carbon materials supply and pilot sustainable autonomous hauling solutions
(日本語訳)Volvo・Rio Tinto、低炭素材料と脱炭素に特化したパートナーシップを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る