Lufthansa・OMV、80万トンのSAFの契約に調印

9月13日、Lufthansaと石油・ガス・化学総合企業のOMVは、両社の持続可能性に関する目標を推進するため、2023年から2030年にかけて80万トン以上の持続可能な航空燃料(SAF)の供給契約を新たに締結したことを発表した。

OMVはすでに、Lufthansaのオーストリア航空(ウィーン国際空港)にSAFを供給しているが、本契約は、SAFの生産・引取場所やSAF生産技術を新たに追加し、両社のパートナーシップを拡大することを目的としている。

今年初め、OMVは「戦略2030」を発表し、石油・ガス生産から再生可能燃料や循環型ソリューションにシフトし、2050年までにネット・ゼロエミッション企業となる計画を概説した。新戦略の一環として、OMVは精製・販売事業を欧州における持続可能な燃料および化学品原料のリーディングカンパニーとすることを目指しており、2030年までに持続可能な燃料および化学品原料の生産量を年間150万トンに増やし、そのうち約半分を持続可能な航空燃料が占める計画も含まれている。

【関連記事】OMV、石油・ガスから再生可能燃料・サーキュラーソリューションへのシフト戦略を発表

Lufthansaは、2050年までにCO2収支をニュートラルにすることを目指しており、2030年までにCO2純排出量を半減させるという野望を掲げている(2019年ベース)。同社はすでに欧州最大のSAF顧客であり、最近もShellと180万トンのSAFについて、これまでで業界最大規模のSAF供給契約を締結している。

【参照ページ】
(原文)OMV and Lufthansa Group further strengthen partnership with Sustainable Aviation Fuel
(日本語訳)Lufthansa・OMV、80万トンの持続可能な航空機用燃料の契約に調印

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る