Thermo Fisher、米国内の電力需要の半分を再生可能エネルギーで供給

Thermo Fisher、米国内の電力需要の半分を再生可能エネルギーで供給

9月29日、ヘルスケアおよびライフサイエンスに特化したソリューションを提供するThermo Fisher Scientificは、電力供給会社であるEnel North Americaと8年間の仮想電力購入契約(VPPA)を締結し、同社の米国内電力消費量の半分に相当する再生可能エネルギーを供給すると発表した。

VPPAの条件に基づき、Thermo Fisherはオクラホマ州西部にあるエネルのSeven Cowboy風力発電プロジェクトから約40万メガワット時(MWh)を購入する予定である。

本契約は、Thermo Fisherが昨年発表した、2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにするという目標を含む、環境維持のための一連の目標に沿ったものである。再生可能エネルギーの利用拡大も、施設のエネルギー効率の改善や業務上の廃棄物の削減と並んで、ネット・ゼロ目標達成のための取り組みの一つとして注目されている。

Thermo Fisherは、最終的に世界のほとんどの拠点を再生可能エネルギーに移行させる計画であると述べている。現在、世界各地の拠点のうち60カ所以上で再生可能エネルギーによる電力供給が行われており、そのうち7カ所では3.5MWの太陽光発電と3MWの風力発電が行われています。さらに15MWの太陽光発電プロジェクトが計画されている。

Seven Cowboy風力発電プロジェクトは、2023年後半に稼働する予定である。

【参照ページ】
(原文)Thermo Fisher Scientific to Source Half of its U.S. Electricity Needs from Wind Power Purchase with Enel North America
(日本語訳)Thermo Fisher、米国内の電力需要の半分を再生可能エネルギーで供給

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る