Sanofi、医薬品アクセス改善をKPIとするサステナビリティ・リンク・ボンドを発行 

Sanofi、医薬品アクセスを指標としたサステナビリティ・リンク・ボンドを発行 

3月31日、Sanofiはサステナビリティ・リンク・ボンドの発行を開始し、低・中所得国における必須医薬品へのアクセス改善という目標達成に向けた同社の業績に連動した負債コストを設定した6億5000万ユーロ(約880億円)の債券の価格決定を発表した。今回の募集は、同社が15億ユーロ(約2,031億円)を発行する債券の一部を構成する。

Sanofiは2020年後半に80億ユーロ(約1兆832億円)のサステナビリティ・リンク・クレジット・ファシリティに署名しており、今回の債券はSanofiにとって2度目のサステナビリティ・リンク・ファイナンス市場へのアクセスとなる。

今回の募集は、Sanofiが12月に発表した新しいサステナビリティ・リンク・ボンド・フレームワークに続くもので、本フレームワークの下で資金調達に結び付けられるサステナビリティ目標およびパフォーマンス指標の詳細が示されている。本フレームワークにより、Sanofiは、スコープ1、2またはスコープ3のGHG排出量の削減、必須医薬品へのアクセスの提供、低所得国および低中所得国における慢性疾患を対象としたヘルスケアプログラムなど、さまざまなサステナビリティの目標に沿った債券の発行が可能になる。

本債券では、Sanofiは、2022年から2026年の間に、世界の最貧国40カ国において、非伝染性疾患の治療に不可欠な医薬品を少なくとも150万人の患者に届けるという医薬品アクセス目標に条件を結びつけることを選択した。本目標を達成することで、2026年までに到達する患者数は、当社の2019年の基準値と比較して、年率300%増加することになる。

医薬品アクセス目標達成を支援するため、Sanofiは、Sanofi Global Healthを立ち上げた。本非営利事業部門は、世界の後発地域の患者に、心血管疾患、糖尿病、がん、マラリア、結核の治療薬を含む当社の最も重要な医薬品30品目(開始時)を提供する。

【参照ページ】
(原文)Press Release: Sanofi successfully priced an inaugural sustainability-linked bond indexed on access to medicines
(日本語訳)Sanofi、医薬品アクセスを指標としたサステナビリティ・リンク・ボンドを発行 

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る