Societe Generale、中小企業向けに持続可能な売掛債権担保融資ソリューションを展開

Societe Generale、中小企業向けに持続可能な売掛債権担保融資ソリューションを展開

11月29日、欧州金融サービスグループであるSociete Generaleの短期流動性資金調達事業であるSociete Generaleファクタリングは、フランス国内の中小企業向けにESGに焦点を当てた資金調達ソリューションを拡大することを発表した。

本発表は、6月に同社の法人顧客向けに環境・社会貢献型融資を含む持続可能な金融ソリューションを開始し、債権ファイナンス、サプライチェーンファイナンス、フォーフェイティングなど、同社の主力ファクタリング商品に持続可能性に関連するソリューションを提供したことに続くものである。

Societe Generale Factorinファクタリングは、エネルギー効率の改善、再生可能エネルギー、低炭素輸送など、環境の持続可能な発展に関連する目的の債権や、教育訓練や社会住宅への融資など社会的課題に対する債権を、中小企業でも融資できるようにするための新しい拡張機能を備えている。

本サービスを利用する顧客は、サステナビリティの目標が達成された場合、融資手数料の減額という恩恵を受けることができる。Societe Generaleは、本ソリューションが、ビジネスサステナビリティ格付け会社であるEcoVadisから格付けを受けた企業を対象としていると述べている。

Societe Generaleは最近、2021年末までにエネルギー移行関連の持続可能な金融ソリューションを通じて2019年から2023年の間に1200億ユーロ(約17兆円)の資金調達を支援するという目標を大幅に上回った後、2025年までに3000億ユーロ(約43兆円)の持続可能な金融を促進するという目標を発表している。

【参照ページ】
(原文)Societe Generale Rolls Out Sustainable Receivables Financing Solution to SMEs
(日本語訳)Societe Generale、中小企業向けに持続可能な売掛債権担保融資ソリューションを展開

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る