ネスレ、16歳以下の子供への砂糖入りスナック菓子の広告を廃止

ネスレ、16歳以下の子供への砂糖入りスナック菓子の広告を廃止

11月28日、世界的な食品・飲料メーカーであるネスレは「子どもへのマーケティングコミュニケーション」方針に基づき、16歳未満の子どもに対して、砂糖が添加された菓子、アイスクリーム、水性飲料などの製品の広告を今後行わないことを決定した。

2023年7月から全世界で適用され、同社は、「世界中の人々がバランスのとれた食生活を手に入れられるようにするための努力の一環として」、責任あるマーケティングの実践が更新されると述べている。新しい自主規制は、0歳から6歳の子どもを対象とした製品マーケティングコミュニケーションの禁止、13歳未満の子どもに対するビスケット、砂糖、チョコレート菓子、加糖水性飲料製品、アイスクリームのマーケティングの禁止などのネスレの既存のポリシーに追加される。

新規制は、テレビ、ソーシャルメディアやゲームを含むオンラインプラットフォームを含むマーケティングチャンネルに適用される。

また、ネスレは更新されたポリシーの一環として、未成年者のデータを収集せず、18歳以上のソーシャルメディアインフルエンサーとのみ提携することを追加した。

ネスレの新たな取り組みは、世界的な消費者ブランドの同業者であるユニリーバが最近発表した、16歳未満の子どもに対する食品・飲料のマーケティングを停止することに続くものである。

ネスレは新方針を発表した声明の中で、”子どもの健康を支援する同様の施策を打ち出す企業が増えるよう呼びかける “と述べている。

【参照ページ】
(原文)Nestlé strengthens its responsible marketing to children practices
(日本語訳)ネスレ、16歳以下の子供への砂糖入りスナック菓子の広告を廃止

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る