Brenntag、包括的なプロダクトカーボンフットプリントデータの顧客への提供を開始

12月1日、化学品・素材流通のグローバルマーケットリーダーであるBrenntagは、包括的なプロダクトカーボンフットプリントデータ(PCF)の顧客への提供を開始した。本サービスは、温室効果ガス(GHG)排出の透明性を促進・強化し、サプライチェーン全体の削減を推進するBrenntagのサステナビリティ戦略の一環として行われる。

Brenntagは、サプライチェーンの様々な段階に従ってPCFデータを算出している。最初の部分は、Brenntagの上流工程におけるScope 3排出量を表し、資源の採取から製品の製造、そしてサプライヤーの工場ゲートまでの排出量を表している。Brenntagは、サプライヤーやカーボンマインドのようなデータプロバイダーと強力に協力している。ブレンンターグ自身の排出量(スコープ1および2)は、その後、追加される。このように、最近発表された “Together for Sustainability (TfS) Product Carbon Footprint Guideline “に沿って、信頼できるデータが顧客に提供されている。したがって、Brenntagは、製品の製造だけでなく、物流や輸送に関連する排出削減の機会を透明化することができるのである。

Brenntagのサービスは、多数の製品について高品質なPCFを提供するデータベースをベースに構築されており、パイロットケースという形でお客様へのデータ提供を開始している。これらのマスターデータは、サプライヤーからのさらなる詳細情報をもとに、製品ごとに徐々に洗練されていく。並行して、これらのデータの統合と特定のサービス提供の作成が、自動化とスケーリングを推進するために開発されている。

気候保護は、Brenntagの野心的なESG戦略の重点分野である。サステナビリティの目標には、2045年までに排出量をゼロにすることを自ら約束することが含まれている。さらに、Brenntagは最近、Science Based Targets initiative (SBTi) Net-Zero Standardsに署名した。SBTiへのコミットメントにより、Brenntagは温室効果ガス排出量削減のための科学的根拠に基づく目標を開発し、提示することを約束する。

【参照ページ】
Brenntag introduces new service to provide business partners with Product Carbon Footprint data to drive sustainability agenda

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る