Infogrid、約119億円の資金を調達

Infogrid、約119億円の資金を調達

4月11日、サステナビリティに特化したスマートビルディング技術のスタートアップであるInfogridは、9000万ドル(約119億円)の株式と転換CLN(転換ローンノート)を調達し、その資金は同社のグローバル成長イニシアティブに充てることを発表した。

2018年に設立されたInfogridのAI搭載プラットフォームは、商業用不動産のオーナーや家主のESG目標達成を支援することを目的として、インパクトを測定し、実用的なインサイトを提供する。同社のプラットフォームは、設備や建物の管理を自動化・最適化し、二酸化炭素排出や水・化学物質の浪費の回避、建物の安全性の向上を支援するとともに、建物データのリアルタイムビューを提供し、建物の所有者や管理者が持続可能性目標を達成し、従業員の生産性と幸福度を向上できるように支援する。

今回の資金調達は、同社が最近発表したESG分析および炭素管理プラットフォーム「Aquicore」の買収に続くもので、Infogridの急成長の中で、2022年に5倍の成長を遂げると発表している。Infogridは、今回の資金調達により、AIを活用した独自のビルディング・インテリジェンス・プラットフォームの機能拡張や、グローバルな営業・マーケティング業務の強化などを予定している。

今回の資金調達に参加した投資家は、Original Capital、SoftBank Vision Fund 2、Northzone、TVC、JLL Spark、Committed Capital、Pictet、その他数社である。

【参照ページ】
(原文)ESG Building Intelligence Leader Infogrid Closes $90 million Series B
(日本語訳)Infogrid、約119億円の資金を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る