Sustainalytics、企業の低炭素社会への移行を評価するレーティングを提供開始

Sustainalytics、企業の低炭素社会への移行を評価するレーティングを提供開始

4月13日、ESG格付、データ、リサーチプロバイダーであるMorningstar Sustainalyticsは、企業の戦略や行動、シナリオ分析に基づき、投資家にネット・ゼロへの道筋を評価することを目的とした「低炭素移行格付」を発表した。

約2年の開発期間を経て発表された新レーティングは、ビジネスモデル、排出量、経営実績の分析に基づき、企業が低炭素化のリスクと機会にさらされることを示す「暗示的温度上昇」として表現されている。

本シナリオは、2025年までに森林破壊を止め、2035年までに中国での石炭を廃止し、2040年までにほぼすべての市場で新型の化石自動車を廃止するなど、地球温暖化を1.5度以下に抑えるために必要な政策や行動を検討している。格付けは、RPSシナリオを、企業の事業所所在地や事業活動を考慮した企業固有のネット・ゼロ予算と調整するものである。

新しい低炭素移行格付けは、大手上場企業のうち約4,000社を対象に開始され、Morningstar Sustainalyticsは2024年までに12,500社以上への拡大を目指している。また、Morningstarは、この新しい格付けに基づく新しい一連のグローバル気候インデックスを導入する予定であることを発表した。これは、ポートフォリオのネット・ゼロの軌道を追跡したい投資家向けに、ビジネスモデルの変革を実現し気候変動リスクを管理する企業へのエクスポージャーを提供するものである。

【参照ページ】
(原文)Morningstar Sustainalytics Launches its Low Carbon Transition Ratings
(日本語訳)モーニングスター・サステナリティクスが「低炭素化移行評価」を提供開始

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る