テスコ、プラスチック使用の少ないピロー包装を発表

8月2日、英小売大手テスコは、ミンチ商品にプラスチック使用量を70%削減した新パッケージを採用したと発表した。同包装が消費者に受け入れられれば他ラインでも展開する予定である。

ピロー包装は、従来のトレイを使ったパッケージではなく全面をプラスチック包装するもの。よりパッケージが小さくなっているが、空気圧で内部を少し膨らませることにより、ミンチを完璧な状態に保ち、圧縮を防いでいる。他の軟質プラスチックとともにテスコ店舗で回収し、リサイクルすることが可能。

テスコはプラスチックに関し4R戦略を実行しており、プラスチックを除去できるところは除去し、できないところは削減し、さらに再利用し、残ったものはリサイクルすることを目指している。現在までに、テスコは英国事業から約22億個のプラスチックを撤去したと述べた。

【参照ページ】
Tesco unveils fresh mince ‘pillow packs’ that use less plastic

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る