Sustainable Fitch、ESG格付けサービスを14兆円のラベル付き仕組債に拡大

 

11月28日、Fitchグループのサステナビリティに焦点を当てた分析事業であるSustainable Fitchは、世界のラベル付き仕組債およびカバード・ボンドに対するESG格付けを開始し、そのデータセットを1000億ドル(約14兆円)超に拡大したことを発表した。

本発表は、今年初めに発売したESG格付商品「ESG格付、データ及び分析」に続くもので、ラベル付き仕組債及びKPIリンク商品5000億ドル(約70兆円)という当初のデータセットに、1000億ドル(約14兆円)超のラベル付き仕組債のデータセットが追加されたことになる。

本商品には、事業活動、戦略、目標、方針、手順、ガバナンスに基づいて、事業体が環境や社会に与えるプラスとマイナスの影響を評価する「事業体評価」、収益の用途、KPI、フレームワーク全体の強さとガバナンスを評価する「フレームワーク評価」、事業体とフレームワークレベルのスコアを統合し、セクター、地域、ラベリングの枠組みを超えて商品間で比較できる「商品評価」、が含まれている。

本発表により、同社はカバードボンドに対する格付と、ABSボンドに対するフレームワーク格付および機器格付を提供し、RMBS、CMBS、ソーラーABS、自動車ABS、消費者ABS、電力会社ABSなどのセクターに対する格付を提供することになった。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Fitch Launches ESG Ratings for Global Labelled Structured Bonds
(日本語訳)Sustainable Fitch、ESG格付けサービスを13兆円超のラベル付き仕組債に拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る