ICE、EUのSFDR規制のためのデータソリューションを提供開始

4月14日、グローバルな取引所・清算所運営会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、投資家がEU SFDR規制を満たすための新しいデータソリューション「ICE’S SFDR PAI Solution」を発表した。

EUの持続可能な成長のための資金調達に関する行動計画の一部であるEU SFDRは、投資家やアドバイザーを含む金融市場参加者に対し、金融商品に関する持続可能性リスクの統合および持続可能性への悪影響の考慮に関する透明性と持続可能性関連情報の提供について調和された規則を定めている。

2023年に施行される予定の規制の次期フェーズでは、持続可能性リスクが投資判断に統合される方法や金融商品のリターンに与える可能性が高い影響の評価などの開示の提供、KPIの測定と追跡、主たる有害影響(PAI)、EUタクソノミとの整合などが報告義務として盛り込まれる。

ICEの新しいソリューションの特徴は、企業、ソブリンなどへの投資に適用されるサステナビリティ指標すべてに関するイベントトリガーによる更新と、EUのPAI体制で求められる温室効果ガス排出量、取締役会の男女比、エネルギー消費比率などのESG指標に関する開示が含まれていることだ。また、このサービスにより、顧客は株式や債券を最も近い開示企業体にリンクさせることができる。

【参照ページ】
(参照ページ)ICE Launches Data Solution for EU Sustainable Finance Disclosure Regulation
(日本語訳)ICEがEUの持続可能な財務開示規制のためのデータソリューションを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る