ICE、EUのSFDR規制のためのデータソリューションを提供開始

4月14日、グローバルな取引所・清算所運営会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、投資家がEU SFDR規制を満たすための新しいデータソリューション「ICE’S SFDR PAI Solution」を発表した。

EUの持続可能な成長のための資金調達に関する行動計画の一部であるEU SFDRは、投資家やアドバイザーを含む金融市場参加者に対し、金融商品に関する持続可能性リスクの統合および持続可能性への悪影響の考慮に関する透明性と持続可能性関連情報の提供について調和された規則を定めている。

2023年に施行される予定の規制の次期フェーズでは、持続可能性リスクが投資判断に統合される方法や金融商品のリターンに与える可能性が高い影響の評価などの開示の提供、KPIの測定と追跡、主たる有害影響(PAI)、EUタクソノミとの整合などが報告義務として盛り込まれる。

ICEの新しいソリューションの特徴は、企業、ソブリンなどへの投資に適用されるサステナビリティ指標すべてに関するイベントトリガーによる更新と、EUのPAI体制で求められる温室効果ガス排出量、取締役会の男女比、エネルギー消費比率などのESG指標に関する開示が含まれていることだ。また、このサービスにより、顧客は株式や債券を最も近い開示企業体にリンクさせることができる。

【参照ページ】
(参照ページ)ICE Launches Data Solution for EU Sustainable Finance Disclosure Regulation
(日本語訳)ICEがEUの持続可能な財務開示規制のためのデータソリューションを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る