ホンダ、8兆円の投資で電動事業を大幅強化

4月12日、Hondaは、今後10年で四輪電動ビジネスに約8兆円、電動化・ソフトウェア領域に約5兆円の投入することを発表した。

Hondaは、2050年に全ての製品と企業活動でカーボンニュートラルを目指し、四輪車の電動化だけでなく、あらゆるモビリティに対して交換式バッテリーや水素の活用などを行う。

また、電動事業の強化に向けて、「電動商品とサービス、バッテリー、エネルギー、モバイルパワーパック、水素」と「ソフトウェア、コネクテッド領域」を1つに集約した新組織「事業開発本部」を設立した。ハードとソフトが融合した商品を通じて、新たなビジネスを拡大する計画だ。

【参照ページ】
(原文)四輪電動ビジネスの取り組みについて ~電動化に向けた進捗と将来への事業変革~

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る