航空機器メーカーHoneywell、スコープ3排出量目標の設定を約束

ハネウェル、スコープ3排出量目標の設定を約束

4月13日、電子制御システムや自動化機器を手掛けるHoneywellは、同社のスコープ3、すなわち全バリューチェーンの排出量に対する、科学的根拠に基づく排出量削減目標をSBTi(Science Based Targets)イニシアティブで設定することを発表した。

Honeywellは、今後2年間にわたり同組織と協力し、スコープ3排出量のさらなる定量化と適切な削減目標の設定を行う。本取り組みは、 Honeywellが昨年発表した、2035年までに事業と施設においてカーボンニュートラルを達成する目標に続く。

また、Honeywellは、米国エネルギー省(DOE)が今年初めに立ち上げた「ベター・クライメート・チャレンジ」への参加を発表した。本チャレンジは、組織がポートフォリオ全体で積極的なGHG(温室効果ガス)排出量削減目標を設定するよう呼びかける、国家官民パートナーシップである。 Honeywellは、本イニシアティブの署名企業として、2030年までにスコープ1と2のGHG排出量を少なくとも50%削減し、 10%のエネルギー効率向上を約束した。

【参照ページ】
(原文)Honeywell Strengthens Its Sustainability Commitments; Will Set Science-Based Target That Includes Scope 3 Emissions
(日本語訳)ハネウェル、続可能性への取り組みを強化。スコープ3エミッションを含む科学目標を設定。

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る