アジアインフラ投資銀行(AIIB)、インドの太陽光発電事業に約90億円を出資

アジアインフラ投資銀行(AIIB)、インドの太陽光発電事業に約90億円を出資

1月18日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、インド最大のインフラ投資信託(InvIT)に約90億円を出資したことを発表した。このInvITは、インド財閥マヒンドラ・グループの再生可能エネルギー開発専業であるマヒンドラ・サステン・プライベートと、カナダのオンタリオ州教職員年金基金が共同出資して設立された。

インド最大のインフラ投資信託(InvIT)は、インド全国に8か所の太陽光発電所を所有し、総設備容量は1.54GWに達している。1月15日には、「Sustainable Energy Infra Trust(SEIT)」として事業運営目的会社として設立し、インド国立証券取引所(NSE)に上場することにも成功した。SEITは公式に136億5,000万ルピー、マヒンドラ・グループは89.9億ルピー(約158億円)の資金を調達し、現在の持分比率は不明だが、AIIBの出資もこのIPOに伴うものと見られている。

AIIBにとっては、これがインドのInvITへの出資としては2回目となる。初回は2019年6月に、高速道路や道路へのインフラ投資を行うOriental Structural Engineers InvITに対して約5,000万ドル(約73億円)を出資している。AIIBはこれにより、再生可能エネルギー分野でのインドのインフラプロジェクトに積極的に参画していることを強調している。

【参照ページ】
(原文)AIIB Anchor Investor in India’s Largest Renewable Energy Infrastructure Investment Trust
(日本語参考訳)AIIB、インド最大の再生可能エネルギー・インフラ投資信託にアンカー投資

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る