アジアインフラ投資銀行(AIIB)、インドの太陽光発電事業に約90億円を出資

アジアインフラ投資銀行(AIIB)、インドの太陽光発電事業に約90億円を出資

1月18日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、インド最大のインフラ投資信託(InvIT)に約90億円を出資したことを発表した。このInvITは、インド財閥マヒンドラ・グループの再生可能エネルギー開発専業であるマヒンドラ・サステン・プライベートと、カナダのオンタリオ州教職員年金基金が共同出資して設立された。

インド最大のインフラ投資信託(InvIT)は、インド全国に8か所の太陽光発電所を所有し、総設備容量は1.54GWに達している。1月15日には、「Sustainable Energy Infra Trust(SEIT)」として事業運営目的会社として設立し、インド国立証券取引所(NSE)に上場することにも成功した。SEITは公式に136億5,000万ルピー、マヒンドラ・グループは89.9億ルピー(約158億円)の資金を調達し、現在の持分比率は不明だが、AIIBの出資もこのIPOに伴うものと見られている。

AIIBにとっては、これがインドのInvITへの出資としては2回目となる。初回は2019年6月に、高速道路や道路へのインフラ投資を行うOriental Structural Engineers InvITに対して約5,000万ドル(約73億円)を出資している。AIIBはこれにより、再生可能エネルギー分野でのインドのインフラプロジェクトに積極的に参画していることを強調している。

【参照ページ】
(原文)AIIB Anchor Investor in India’s Largest Renewable Energy Infrastructure Investment Trust
(日本語参考訳)AIIB、インド最大の再生可能エネルギー・インフラ投資信託にアンカー投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る